シルバーアクセサリーのお手入れ方法

シルバーのアクセサリーは値段も手頃で気軽に色々なおしゃれが楽しめます。シルバー製品にはよく925と刻印されていますが、これはスターリングシルバーと言われ92.5%が純銀で出来ていると言う意味です。銀は柔らかいので、銀100%でアクセサリーを作るのにはやや不向きです。現在このスターリングシルバーが主流となっています。シルバーは保管している間に黒くなってしまいびっくりする事があります。これは正しく保管すれば防ぐ事ができます。使用後やしばらく使わない時はティッシュペーパーや柔らかい布で水分を拭き取り、ビニール袋に入れしっかり封をし空気に触れない様にします。普段のお手入れはクロスを使って軽く磨きます。デザイン的にクロスで磨きにくい物は洗浄液を使用しますが、石の付いた物は避けた方が良いです。汚れや変色がひどい時、自分でお手入れするのが難しいと思ったら専門店に相談し、綺麗にしてもらう方が安心です。ちょっとした気遣いで大切なシルバーアクセサリーを永く使いたいですね。


シルバーアクセサリーについている925の意味

私達の周りにあるリングやネックレスなどのシルバーアクセサリーには925と刻印されているかと思いますが、これが何なのかご存知でしょうか。これは、銀の含有量のことです。この含有量が一番アクセサリーにするには調度良い硬さなのだそうです。では残りの7.5パーセントはというと銅などのものが含まれているのだそうですが、それでも純銀という扱いになるんですよ。日本ではこのように表示をされていますが、欧米ではスターリングと刻印されているものもあるようです。ではこの意味はというと、価値のあるとか本物だという意味が含まれているのだそうです。今更だから人にはなかなか聞けないという方にもぜひこのことを知っておいてもらいたいと思います。本物かどうかの見分けにもなりますよ。ちなみに金属の価値としては純金よりかは若干価値が下がるそうです。


シルバーアクセサリーの作り方

シルバーアクセサリーを自分で作ってみませんか。簡単な作り方としてシルバークレイという銀粘土での作り方を紹介したいと思います。アクセサリーを作るキットが販売されているのでこれを使うととても簡単です。これは、純銀と水、それからバインダーとよばれるものからできているものです。これは形成しやすいとこから初めて作る方にはおすすめの材料です。これを形成し、乾燥させ、それかた焼いたら出来上がりです。もちろん純銀のアクセサリーです。焼くときにもガスコンロで焼いていくので自宅で作ってみたいというかたにはとても良いかと思います。この時に気をつけてもらいたいこととして粘土なので焼いたときに若干小さめになるということです。それから粘土のため彫金でつくったものよりかは割れやすいというデメリットもあります。初めて作られる方でしたらペンダントトップやピアスなどの大きさが若干変わっても大丈夫なものから初めてみるとよいでしょう。